淋病に感染した際の、症状や合併症の事例|無症状・不妊・母子感染...

淋病は喉への感染が多い!?

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 男性淋病患者の内、”60%がファッションヘルスで感染” といったデータも!

 

 

 

 

 

     ある病院のデータによると、男性淋病感染者の内、
     60%がファッションヘルスで感染したといった報告があります。

 

 

     淋病の場合、『膣性交のみ・口膣性交のみ』 両方のデータを比べると、
     口膣性交のみので感染したケースが多くなっています。

 

 

     また、淋病の性器感染者の内、男女問わず、
     ”約30%は喉にも感染” していたといったデータもございます。
     (もちろん、淋病は、口から口へも感染する病気であります)

 

 

     では、淋病の喉への感染の場合、どういった症状が起こるのでしょうか!?

 

 

     報告されているデータによると、”咽頭炎扁桃炎” に似た様な症状が挙げられ、
     喉の腫れ・痛み、発熱などといった症状が見られます。

 

 

     ただ、これは、”挙げるなら” の話であって、
     淋病の喉への感染の場合、その多くの方が、”ほぼ無症状” ということです。

 

 

     淋病の喉感染は、男性よりも女性の方が圧倒的に多い病気です。

 

 

     そして、女性の場合、淋病に感染していても、無症状の場合が多いですので、
     こういった機会の多い男性は、一度検査をされた方がよいかもしれません...

 

 

 

 

 

    

 

    こちらから、淋病を含む検査キットの一覧が、ご確認いただけます!

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る